予算生活の家計簿を使ってみた!!

自作家計簿のメリットとデメリット

家計簿をつけていても、自作の家計簿を思いついたようにたまに作ります。
雑誌や誰かのホームページを見て、いいなぁと思って。
エクセルでレイアウトを作ってルーズリーフに印刷します。

 

自作家計簿のメリットは・・・
・自分だけの家計簿だから費目のムダがない
・集計のしかたとかいろんなカスタマイズができる。
・市販の家計簿のいいところばかり取り入れれる。

 

市販の家計簿をみてて、月のまとめはこれがいいけど、週のまとめのページがちょっと...とか
このページはいいけど費目が合わない、1日の記入を横に書いていくのがいやだ、
そんなときも各家計簿のいいとこ取りをして自分好みに作れます。

 

自作家計簿のデメリットは・・・
・費目などがやたら細かくなってしまう。
・印刷するのがめんどう
・印刷されてても手作り感いっぱいでテンションがあがらない。

 

自分オリジナルだからと費目がやたら細かくなってしまう、これとこれは分けた方がいいとか
これをどれだけ使うか知りたいから費目を作るとか
じっさい、あとから見返すときってそんなとこまで見ないって...ということで
費目にはムダがないけど細かすぎてあとでめんどうになります。

 

印刷も我が家はPCと離れてプリンターが置いてあるのでつなげるのも面倒だし
インクの予備がなくて印刷できないときもありました。
そういうのもデメリットですね、私にとっては。

 

そして、自作のってテンションあがらない。かわいいイラストをつけたりしても。

 

大学ノートに自作で家計簿をつくってきっちり書いてる人のを見てまねしたくなったりするけど
イラストや写真がなくても印刷された市販のものの方がやる気がでますね。

自作の家計簿のメリットとデメリット関連ページ

家計簿を続けるために私がしてること
「今年こそ家計簿をつけるぞ!」が「今年こそ家計簿をつづけるぞ!」になってしまわないように、家計簿を続けるために私がしていること
印刷されてる費目か自分で決める費目どちらがいい?
印刷されてる費目か自分で決める費目どちらがいい?家計簿をつけるときって費目でいろいろ悩みますよね。
給料日から1日始まりに変更した経緯
1日始まりの予算生活の家計簿を給料日始まりでつけていたけど、1日始まりの月末締めに変更したことについて