予算生活の家計簿を使ってみた!!

印刷されてる費目か自分で決める費目どちらがいい?

家計簿をつけようと家計簿を開いたときに悩むのが費目わけ。

 

予算生活の家計簿(これは特に悩みましたが...)だけでなく、過去に買ったいろんな家計簿
また、自分で作った自作家計簿
どのときも、費目分けに迷って、家計簿をつけるまでに時間がかかりました。

 

市販の家計簿には、費目が初めから印刷されているものが多いです。
費目が印刷されていて、自由に決めれる空白の欄もいくつかあります。
また全部自分で決めれるように『    費』とだけ印刷されているものもあります。

 

初めから印刷されている費目の場合、自分では使わない不要な費目があるのもなんですが
まったく何も印刷されずに『   費』とだけあって自分好みに決めるのも
何費をつくろくかと迷ってしまいます。

 

だいたい、大まかに欲しい費目と言うのは
光熱費や家賃などは月1の支払いなので、主に現金で動くもの

 

『食費』 『日用品』 『子ども費』 『医療費』 『その他』です。

 

そしてこれからまた細かく
食費なら主食物・副食物・調味料・お酒・おやつ・飲み物など
日用品なら消耗品・生活雑貨など
その他はレジャー費や日用品などにあてはまらないものなどを
いくつかに分けて費目とします。

 

以前買った家計簿で気に入ってたものがあったのですが、費目が気に入らなかったので
白いシールを貼って書き換えたこともあったけどそれもめんどうです。

 

自分で決めると細かくなりすぎるのでやはり印刷されて去る程度決められてる方が
いいのかな?と思ったりもします。

 

印刷されてる費目か自分で決める費目どちらがいい?関連ページ

家計簿を続けるために私がしてること
「今年こそ家計簿をつけるぞ!」が「今年こそ家計簿をつづけるぞ!」になってしまわないように、家計簿を続けるために私がしていること
自作の家計簿のメリットとデメリット
オリジナルの自作の家計簿は使いやすそうだけど・・・でもメリットとデメリットがあります。
給料日から1日始まりに変更した経緯
1日始まりの予算生活の家計簿を給料日始まりでつけていたけど、1日始まりの月末締めに変更したことについて