家計簿続かない

家計簿を続けるために私がしていること

マイホームを購入するためにお金を貯めよう、いつも給料日前にピンチ、消費税増税で節約しなきゃと
お金を管理するためにこれから家計簿をつけようと決めたり
秋の終わりぐらいから書店に設けられた家計簿コーナーで「家計簿つけてみようかな」とつい買ったり
家計簿の紹介を見て「これならできそう。」と興味を持ったりして始める家計簿。

 

そんな家計簿ですが
「今年から家計簿をつけるぞ〜!」とがんばった人でも、次の年には「今年は家計簿つづけるぞ!」と
なっている人も結構多くいます。

 

家計簿が続かない理由は、
「今日は疲れたからまた後日書こう。」と先送りになってそれがどんどんたまって書く気さえ起らなくなる。
「これってどの費目に入るんだろう。」と迷う。
「お金が合わない」「家計簿が生活に反映されていない。」など

 

私が必ず面倒でもしていることは、毎日買い物をしたものを書いていく。
書くのは毎日でなくまとめて書くということもあります。
レシートをうつすだけなので子どもに書いてもらうこともあります。

 

ノート(ルーズリーフ)のページを真ん中から半分に線を引いて
左を食品、右をそのほかでまとめて書いています。
家計簿買い物詳細

 

予算生活の家計簿には費目に合ったところにあとで書いていきます。

 

予算生活の家計簿でなくても、手書き家計簿やパソコンの家計簿でも
どんなものでも毎日の買い物を記帳してデータを残しておくと
途中で家計簿を挫折した場合でもやり直しがききますし新たなものも作れます。

 

 

家計簿を続けるために私がしてること関連ページ

印刷されてる費目か自分で決める費目どちらがいい?
印刷されてる費目か自分で決める費目どちらがいい?家計簿をつけるときって費目でいろいろ悩みますよね。
自作の家計簿のメリットとデメリット
オリジナルの自作の家計簿は使いやすそうだけど・・・でもメリットとデメリットがあります。
給料日から1日始まりに変更した経緯
1日始まりの予算生活の家計簿を給料日始まりでつけていたけど、1日始まりの月末締めに変更したことについて